ネパール旅行のことならアスカトラベル&ツアーズにお任せください。

エベレストで81歳のネパール元外相死去 最高齢登頂の夢果たせず

世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)の最高齢登頂記録の更新を目指していたネパールのシャイレンドラ・クマル・ウパダヤ元外相(81)が9日、同山のキャンプ地からふもとのベースキャンプに戻る途中で倒れ、死去した。

 

同国政府当局者が明らかにした。死因は明らかにされていない。

 ウパダヤ氏は3年間訓練を重ね、同国内で6千メートル級の登頂に成功。シェルパ7人とエベレストに挑戦していた。

 これまでの最高齢登頂は、同国の男性登山家ミン・バハドゥール・シェルチャンさんで、76歳で達成。日本のプロスキーヤー三浦雄一郎さんも75歳で登頂している。(共同)