ネパール旅行のことならアスカトラベル&ツアーズにお任せください。

絶滅危惧のインドサイ、ネパール当局が密猟者対策で個体数調査

[カトマンズ 6日 ロイター] ネパール国立公園野生生物保護局は6日、絶滅の危機にあるインドサイを密猟者から守るため、その個体数と生息地を調査すると発表した。

 同局によると、衛星利用測位システム(GPS)やカメラを使用し、向こう3週間かけてゾウに乗った数十人の調査隊がインドサイの個体数を調べるという。

 ネパールにはインドの次にインドサイが多く生息しており、2008年の調査では435頭が確認された。しかし、同局によるとそのうち少なくとも60頭が死亡し、28頭は密猟者によるものだという。

 同局のクリシュナ・アチャリヤ局長は「今回の調査は、効果的な密猟対策や保護計画を考え出す助けとなるだろう」と語った。

 インドサイの角は媚薬として珍重され、主に中国の闇市場で1角あたり数千ドルで取引されることから、密猟者に狙われている。


引用:ロイター